実家へ帰省する前に

こんにちは。

美しい暮らしの空間アドバイザー

望月 泰子です。

 

 

夏休み、お盆休み期間中に

実家に帰省されるご家族もいらっしゃると思います。

 

実家に戻られたとき

各部屋を一通り見て

つまづきやすいモノ、怪我しやすい場所をチェックしてみましょう!

 

高齢のご家族がいると

ちょっとした段差でもつまづき

転んで骨を折って寝たきりになる場合もあります。

 

私の実家は、古い家なので

段差は仕方ないとしても

「すりつけ板」をつけて段差解消の工事をしました。

【すりつけ板】
高い場所と低い場所にわたす床部分の段差を解消する為の板。
小さなスロープを作るために取付けるくさび形の板のこと。

 

段差が5㎜を超えるとつまづく危険性があります。

これは、段差だけの問題ではなく

床にモノを置いているのも同じように危ないです。

 

先日、知人宅の実家の片付け話になりました。

特に高齢者がいらっしゃる実家の片付けで悩まれている方、多いです。

 


親が安全に、安心して、暮らしやすくする上でも

早く一緒に片付けたいところですが。。

 

親本人の気持ちもありますので、難航する場合もあります。

 

 

実家に帰省する前に

安東先生の本で予習を是非(^^)

( Amazon ⇒ こちら )

 

新たに 「高齢者住環境」のカテゴリーを設けました。

折を見て少しずつ綴っていきたいと思います。



 本物のお片付けをご一緒に!

お一人で悩まず、お気軽にご相談ください

※あなたに合ったお片付けコースを見つけてみましょう!
詳しいコースの内容は →  こちら 

料金 ・・・ 1時間 5,400円(税込)+交通費実費
活動地域 ・・・  東京都、神奈川一部、埼玉県一部

※望月へのお申込みは、 こちら をご利用ください

※コメントは、承認制となっております。 
※コメントを入れていただく際、連絡可能なメールアドレスをご記入下さい。
メールアドレスは、表示されませんのでご安心下さい。 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)