名もなき家事

こんにちは。

美しい暮らしの空間アドバイザー

望月 泰子です。

 

今日も時事ネタです。

 

大和ハウス工業さんが

「20代から40代の共働き夫婦の “家事” に関する意識調査」

の結果を発表されています。

 

一言で ”家事” と言っても

料理、洗濯、片づけ、掃除、育児、家計のやりくり。。 と

ざっくりなカテゴリーです。

 

その中で

夫が見落としがちな家事を ”名もなき家事” と呼ぶそうです。

下記のような内容だと発表されました。

 

「アイロン掛けをする」(認識86.3%、実行30.3%)
「食事の献立を考える」(認識84.3%、実行36.7%)
「クリーニングに出す、取りに行く」(認識61.3%、実行47.0%)
「手洗い場のタオルを取り替える」(認識74.3%、実行58.0%)
「調味料を補充・交換する」(認識79.3%、実行54.0%)
「子どもの送り迎えをする」(認識76.3%、実行57.0%)

などなど。。。

 

細々しているちょっとしたことも

チリと積もれば山となる

『名もなき家事』

 

 

この妻任せになっている要因を

私なりに勝手に考えてみました。

 


(妻側)細々したことは
夫にお願いするよりも

自分でした方が早いと考えている。


(夫側)過去に手伝ったら奥さんに文句を言われたので、やらない。


(夫側)そういうのは自分の仕事だと思っていない。(=妻の仕事だ)

 

上記の中だったら、私の場合は①かな。。

 

細々した『名もなき家事』は私がやるので

それよりも、その辺に置きっぱなしにされている方が嫌かも。

普段から片付けに協力してくれるほうが助かる。

 


更に良いのは

困っているときに助けてくれる旦那さんが理想的ですが

皆さまの理想は、どうでしょうか?

 

まずは

今、自分がどういう状況なのか

どこに時間を取られて、何に困っているのか

ご主人と話し合う時間を設けることです。

 

夫婦とはいえ、意外に

お互いの細かいところまで

把握できていない部分が多々あります。

 

自分の奥さんが、家事のことで

深刻に悩んでいる事を知らないご主人は多いと思います。

 

 

それは

自分の気持ちを抑えていたり

ご主人に対して諦めている(=言っても仕方がない)

と思っているからではないでしょうか。

 

 

また、前置きなしに

ただ「手伝ってよ」と言っても

ご主人は、どうしたらいいのかやり方を知らないかもしれないし

必要なモノがどこにあるのか知らないかもしれません。

 

それで聞き返されると

つい言い方がきつくなって

お互い険悪になってしまうこともあります。

 

安東流お片付けは

家族全員参加でお願いしています。

 

もし、自分が倒れたときでも

皆で協力し合える環境を作っておきたいですね(^^)

 

今回の記事は、辛口となりましたが

いかがだったでしょうか?

次週は、やんわりいきます(笑)

 

皆さま、よい一週間をお過ごしください♪


 本物のお片付けをご一緒に!

お一人で悩まず、お気軽にご相談ください

※あなたに合ったお片付けコースを見つけてみましょう!
詳しいコースの内容は →  こちら 

料金 ・・・ 1時間 5,400円(税込)+交通費実費
活動地域 ・・・  東京都、神奈川一部、埼玉県一部

※望月へのお申込みは、 こちら をご利用ください

※コメントは、承認制となっております。 
※コメントを入れていただく際、連絡可能なメールアドレスをご記入下さい。
メールアドレスは、表示されませんのでご安心下さい。